ABOUT UnicornusKnights
王国歴243年、アストリア王国は突如として戦乱の炎に包まれた。
王国の西に位置する大帝国が、古い姻戚関係を理由に併合の宣言を行い、その豊かな国土を手中にすべく遠征を開始したのだ。
有能な将軍はもとより、巨竜や魔神すらも従えたその軍事力は圧倒的で、緒戦で王国軍の主力は壊滅。
進撃開始からわずか2か月の攻防で王都は陥落した。
王都における一方的な攻防戦の中でアストリア王族はその悉くが命を落とし、
帝国軍が我が物顔で国土を闊歩する中、王国の民は明日をも知れぬ暮らしを強いられることとなった。
 そんな中、わずかな手勢が命がけで血路を切り開き、辛くも王都から脱出した一人の王族がいた。
王の三女、コーネリア姫である。彼女とその部下は追撃を逃れると、王国の東部、遥か昔に海沿いに築かれた古城へと身を寄せた。
このとき、コーネリア姫はわずか16歳。政治軍事のなんたるかも覚束ないただの小娘であった。
だが、それでも彼女は、自らの青臭い理想のために、その身を捧げることを厭わなかった。

「虐げられている民を安んじるため、妾は最後まで戦います。おそらく絶望的な戦いとなるでしょう。
それでも希望を捨てずに戦い抜くことを誓う者たちよ。この一角獣の旗のもとに集いなさい!」

いまだ帝国の支配が及ばぬ王国東部の各地に拙い檄文が飛ぶと、やがて一人、また一人と手を挙げる者が現れた。
引退した大騎士、左遷されて国境にいた将軍、大商人、異種族の王たち……。
王国歴244年春、民の懐疑的な視線を顧みることなく彼女は挙兵し、王都への道を進み始めた。
その前に立ちはだかるのは、彼女の手勢に数百倍する帝国軍の猛者たち。
のちに『ウニコルヌスの騎士たち』と称される奇跡の物語を、このときはまだ誰も知らない。





協力型本格戦略級ボードゲーム『ウニコルヌスの騎士たち』。
帝国の侵略により国を追われた姫は、辺境の地で奪われた祖国を取り戻すべく挙兵する!

プレイヤーは「姫の守役の老騎士」、あるいは「利に敏き商人」、あるいは「隠棲した魔術師」など、
様々な立場の勇士となり、姫の進軍を手助けすることになります。
立ちはだかる強敵を打ち倒し、決められた時間内に王都までの道を切り開くことができるでしょうか……?

集え、勇士達よ! 一角獣の旗の下に!!

『ウニコルヌスの騎士たち』は “こんなゲーム”!

2〜6人用の「協力型ゲーム」です!
帝国に占領された国を取り戻すべく、全員で協力してコーネリア姫を王都まで送り届けるゲームです。
しかし、王都までの道のりは長く、平坦ではありません。
ランダムに生成される王都への道には、多くの帝国兵や将軍たちが待ち構えています。
立ちふさがる帝国軍を誘導、あるいは撃破し、制限ラウンド内にコーネリア姫を王都マスへと乗り入れさせれば見事勝利となります!


姫と敵はオートで動きます!
コーネリア姫は定められたルールに従い、自動的に移動し、戦います。
コーネリア姫は非常に強力な戦力ですが、自動操縦なので恐れを知りません。
寡兵であろうと、勇猛果敢に敵中へ飛び込みあっという間に自滅してしまいます。
プレイヤーはコーネリア姫に兵を輸送したり、危険な敵の戦力を事前に削ったりして、行軍の手助けをしましょう。
時にはコーネリア姫の進路を塞いで危険から遠ざけたりすることも重要なテクニックです!

あぁ! このままではコーネリア姫が敵のど真ん中に突撃してお星さまになってしまう!
そんな時はキャラクターを移動させて進路をふさぎましょう。
移動を妨害されたコーネリア姫は、迂回するか、大人しくその場で食糧を探し始めます。
これぞ通称「肉壁」! 攻略の基本テクニックです!

コーネリア姫と同様に、敵の行動も自動で行われます。
敵には近づいたら攻撃してくる「通常型」、近づいても動かない「防衛型」、
積極的に攻撃してくる「好戦型」の3種類があります。
いずれの場合も、敵が密集していると反撃が痛いので、上手く誘導し、
時には手札を使って吊り出したりしながら各個撃破していきましょう!
でも、残り時間にはご用心。
余り慎重にやり過ぎると制限ラウンド内に王都までたどり着けなくなるので、
時には損害覚悟で強引に突っ込むことも必要です。

役割と特性を理解しよう!
プレイヤーが選んだキャラクターには「特殊能力」による特徴づけがされています。
ぶっちゃけ、戦闘が得意なキャラクターもいれば、戦闘が苦手だけどサポートが得意なキャラクターもいます。
戦闘が得意なら、どんどん前に出て敵を倒しましょう!
逆に戦闘が苦手なら、兵や行軍に必要な物資を集めるなどして戦闘役をサポートしましょう。
1人のプレイヤーが全ての役割をこなす必要はありません。
他のプレイヤーと助け合いながら、それぞれが得意とする分野で活躍しましょう!

強力な戦闘ダイアグラムを持つ将軍「ザイン」はゴリゴリの前衛タイプ!
輸送能力を持ち、さらに隣接する味方の戦闘力を大幅に引き上げる軍師「アネリー」は中衛タイプ!
どこでもかってに戦力と物資が補充される豪商「ジョゼフィーヌ」は後衛タイプ!
それぞれの特殊能力を加味しながら、ベストな立ち位置を見つけましょう!


あなたができること、全部! “プレイガイド”
『ウニコルヌスの騎士たち』は行動ポイント制のゲームです。
毎ラウンド、各プレイヤーは定められた行動ポイント(プレイ人数に応じて変わります)を持ち、
その行動ポイント分だけ「行動」することができます。

募兵と調達
戦力や物資を補給します。戦力は戦闘に、物資は移動に、それぞれ使用します。
ただし、戦力や物資を効率よく補給できる場所は限られています。
町なら人も物も集めやすいですが、山中で志願兵は勿論のこと、まともな食糧を見つけることすら難しいでしょう。
無計画に突き進むと、山や森の中で物資が切れて立ち往生。なんて事態も起こりかねませんのでご注意を。

補給効率は「町」が最強で、「村」「砦」も悪くありません。
それ以外の場所は物資のみ、しかも最低限の量しか補給できません!
また、補給量はアイコンで表示されているので、一々覚えなくても見れば分かるようになってます!


移動
自分のコマを進めます。1マス進むのに、基本「持っている戦力」分の物資が必要となります。
大軍であれば戦闘に強い反面、移動が大変になるということです。
また、移動先の地形に応じて、必要な物資が多少増減します。
山や森、砂漠などは移動が困難なので必要物資が増え、
逆に街道は道が整備されていて行軍が容易なので必要物資が減ったりします。

戦力3なので、1マス移動に必要な基本物資は3!
森(左上)への移動は困難なので必要物資に+1、街道(真上)への移動は楽なので必要物資に−1
平地(左下)への移動は修正なしで行うことができます。
これも、アイコンで物資の増減数が表示されてるので、覚えなくても見れば分かります!

後、このゲームの戦闘は移動によって行われます。
敵のいるマスに「移動」で突入すると戦闘が発生し、敵が全滅したらそのマスへコマを進めて移動完了。
全滅させられなかったら、移動に失敗して元のマスに戻されます。
敵も同様に「移動」によって味方を攻撃してきます。

基本的に敵は隣接マスに入ると(敵行動時に)攻撃をしかけてきます。
森や山、砦には地形防御力があるので、これらのマスで敵を迎え撃つのも戦略の1つです!


輸送
自分が持っている戦力や物資を、他のプレイヤーやコーネリア姫に送ります。
ただし、物資だけを送ることはできません。
物資を輸送する輜重隊を編成しなければならないので、必ず戦力と物資を同時に送らないといけません。
また、余りに遠い所にいる味方へ輸送することもできません。
なので、戦闘しないと言っても、最前線と一定の距離を保って移動しておく必要があります。

同じタイルか、隣接するタイルにいる味方へ輸送可能!
たった1マスの違いで、サポート性能が大きく増減してしいます。

サポートキャラクターは「募兵」「調達」「輸送」がメインになってきますが、
町などの効率の良いマスを確保しつつ、さらに前衛の進軍に合わせて移動も行う必要があるので、
どの行動に何ポイント使用するかの判断が難しくなってきます。
戦力を集め過ぎると移動が困難になり、移動しないと輸送ができない訳ですから、
そこをどう上手く調整するかがサポートキャラクターの腕の見せ所です!


天命
山札からカードを引いて手札を増やします。
手札は1回だけの使い切り効果(一部、永続効果なものもあります)ですが、どれも強力です。
状況によっては難易度を劇的に下げてくれることもあるので、余裕があれば積極的に引いていきましょう!



並み居る敵をなぎ倒せ! “バトルシステム”
戦闘の判定はサイコロで行います。
基本は自分の戦力です。相手の戦力に関わらず、とりあえず自分の戦力分だけサイコロを振ってください!
この時、様々な状況に応じて振るサイコロの数が増減します。

アネリーの戦力は「4」。だから、サイコロを4個振ります!
敵が森にいたり、町にいたりすると、地形効果により振るサイコロ数が減らされます。
が、この場合は何もない平地にいる敵なので、そのまま戦力分のサイコロを振ることができます。

サイコロを振ったら、キャラクターの「戦闘ダイアグラム」を見ます。
攻撃時(自分から移動した)は左側。防御時(敵が移動してきた)は右側。
難しいことは考えず、目は高ければ高い程に良い結果が出ます!

また、基本的に攻撃時も防御時も内容は同じなんですが、
キャラクターによっては攻撃が得意だけど防御が苦手、とかあったりします。
それぞれの効果は以下の通り。

ヒット敵にダメージを与えます
ミス何も起こりません
ロス敵からダメージを受けます

で、このサイコロを「敵の戦力」分だけ割り振ります。
割り振る、と言うとちょっと分かり難いんですが、要は「敵の戦力分だけサイコロが必要」ってことです。
これにより、自分が振ったサイコロ数よりも敵の戦力が少なければサイコロが余り、
逆に敵の戦力が多ければサイコロが不足します。
余った場合は、悪い目(ロスやミス)を捨ててダメージを回避することができます。
不足した場合は、足りない分だけ強制的に「ロス」となりダメージを受けてしまいます。

先ほどの目は「6」「3」「3」「2」で、ヒット1、ミス2、ロス1。
敵の戦力は3なので、目は良い方から「6」「3」「3」を使い、余った「2」を捨てます。
これにより、戦闘の結果は「1ヒット、2ミス」と確定し、敵戦力を1つ取り除くことができます。
しかし、敵戦力も全滅には至らなかったので、この移動は失敗しアネリーは元いたマスに戻されます。

つまり、「振れるサイコロの数は多い程良い!」「敵の戦力は少ない程良い!」ということです!

割り振った後、ヒットの数だけ敵の戦力を減らし、ロスの数だけ自分の戦力を減らします。
この時、自分の戦力を減らす代わりに、キャラクターの命数(ヒットポイント)を減らしても構いません。
命数を回復する手段は限られていますが、とりあえず戦力は減らないので連続して戦闘を行うことができます。
状況に応じて使い分けましょう!


昨日の敵は今日の友! “因縁システム”
『ファイアーエムブレム』とかで、話しかけたら仲間になる敵ユニットっていますよね?
あるいは、ストーリー的な宿敵キャラ、ライバルみたいなのもお約束です。
このゲームでは、それらも「因縁システム」によってバッチリ再現されています!

因縁システムは、簡単に言えば「キャラ同士の関係をランダムに構築する」仕組みです。
初めて遭遇する敵キャラクターとの間には、まず因縁が結ばれます。
因縁には「一目ぼれ」とか「生き別れの家族」みたいなのから、「宿敵」「怨敵」色々あります。
ランダムならではのフレーバー的な楽しみもありますが、勿論それだけではありません。
特定の条件を満たすと仲間になったり、あるいは敵の戦闘力が強化されたりと、攻略的にも大きな意味を持つのです!

王国の将と帝国の姫の間に結ばれた因縁は……突然のラブ・ロマンス!
しかも、仲間になった敵キャラクターは、その特殊能力でプレイヤーを手助けしてくれます!


マニュアル
詳細なルールや、各キャラクターの設定などについては、こちらをご参照ください!


最新の日本語版マニュアルです。
(2016.10.13 ver1.00)


FAQ
※ただ今、準備中です。
Copyright © 2016- カナイ製作所 & Manifest Destiny All rights reserved.